[ 科学技術・大学 ]

【電子版】アマゾンCEO、月着陸船「Blue Moon」を公開

(2019/5/12 05:00)

  • ブルームーンには新開発の液体水素燃料エンジン「BE-7」が搭載され、推進力は40kN。今夏にもテストを実施し、エンジンは外販も視野に入れているという(BLUE ORIGIN提供)

 今からほぼ半世紀前、米航空宇宙局(NASA)のアポロ17号で月に向かった宇宙飛行士2人が月面に3日間滞在し、地質学的サンプルを採集した後、地球に帰還した。有人月面着陸はこれが最後となった。

 世界一の資産家で米アマゾン・ドット・コムの最高経営責任者(CEO)を務めるジェフ・ベゾス氏が創設した宇宙ベンチャー企業ブルーオリジンは、人類の月面探査の新たな時代を切り開こうとしている。ベゾス氏は9日午後、ワシントンでの記者会見で、月への有人飛行再開を訴え、同社の月着陸機「ブルームーン」(Blue Moon)の模型を披露。「今度は滞在を目的にすべきだ」と述べた。

  • ブルームーンは電源に燃料電池を採用する予定で、そこから宇宙機などへ給電するという。また着陸時の精密誘導および降下センサーにはAIを利用している(BLUE ORIGIN提供)

 ブルーオリジンは少なくとも2017年からブルームーンの開発に取り組んできた。昨年10月には、中・大型の月面着陸システムの開発でNASAと合意。同社からの5万ドル(約550万円)の支払いと引き換えに、NASAは着陸候補地点に関する技術分析と情報を共有することに同意した。

 ペンス米副大統領は3月の演説で、24年までに有人月探査を再開するよう訴え、トランプ政権が「必要なあらゆる手段を使ってこの目標を達成」するようNASAに指示したことを明らかにした。

 ベゾス氏はアマゾンを巡ってトランプ大統領と多くの点で対立してきたが、同政権が打ち出した有人月探査のタイムテーブルについては「素晴らしい。これは正しいことだ」と評価した。(ブルームバーグ)

(2019/5/12 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる