[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ボーイング、737MAX運航停止でも生産継続 サンアントニオ拠点で保管

(2019/5/15 10:00)

  • シアトルのボーイング・フィールド(16年1月、ワシントン州シアトル=ブルームバーグ)

 米ボーイングは、テキサス州の広大な整備拠点で737MAXの保管を開始した。規制当局によるMAX運航停止の解除を待つ間、同社は引き続き同機の生産を続けている。

 プレーンスポッター(航空機愛好家)のクリス・エドワーズ氏は14日、カリフォルニア州の塗装工場からテキサス州サンアントニオに向かう737MAXのレーダー航跡を探知した。工場で生産されたばかりのMAXがシアトル地域以外で保管されるのは初めてとなる。ボーイングの広報担当ダグ・アルダー氏はエドワーズ氏の報告を認めた。

 「ボーイングのサンアントニオ拠点は在庫管理計画の一環として、航空機を一時的に保管する」とアルダー氏は電子メールで説明。これらの航空機は最終的に「ワシントン州に戻り、そこで顧客に納入される」という。(ブルームバーグ)

(2019/5/15 10:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

わかる!使える!工業塗装入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!工業塗装入門 <基礎知識><段取り><実作業>

超ロボット化社会
ロボットだらけの未来を賢く生きる

超ロボット化社会 ロボットだらけの未来を賢く生きる

実用設計製図 
幾何公差の使い方・表し方
第2版

実用設計製図 幾何公差の使い方・表し方 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい宇宙ロケットの本
第3版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい宇宙ロケットの本 第3版

アグリカルチャー4.0の時代 
農村DX革命

アグリカルチャー4.0の時代 農村DX革命

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン