[ ICT ]

【電子版】対話アプリ「ワッツアップ」にサイバー攻撃、アプリ更新呼び掛け

(2019/5/15 05:00)

  • ワッツアップによると高度な攻撃手法で「監視分野で政府と協力する特定の民間企業」の特徴が多数確認されたという(ブルームバーグ)

 チャットアプリのワッツアップは、ハッカーがスパイウエアを使って個人の携帯電話に侵入できる脆弱(ぜいじゃく)性が同社アプリに見つかったとして、ユーザーに更新を呼び掛けている。

 フェイスブック傘下のワッツアップによると、脆弱性は5月上旬に発見。ハッカーはこの弱点を突いて携帯電話に送り込んだコードを起動できる状態だったという。同社は先週後半、ハッカー攻撃を阻止するためにソフトウエアのインフラストラクチャーを修正。標的になったのはごく少数のユーザーに限定されていたようだという。

 ワッツアップの広報担当者は、「攻撃は携帯端末に保存されている情報の不正入手を狙っている。この標的とならないようアプリを最新版に更新するとともに、携帯端末の基本ソフト(OS)も最新版にしておくよう奨励する」と説明した。

 これより先、英紙フィナンシャル・タイムズ(FT)は、ハッカーがワッツアップの電話機能を利用して標的のユーザーに電話をかけることで、米アップル「iPhone(アイフォーン)」やグーグル「アンドロイド」端末にスパイウエアをインストールすることが可能だったと報じていた。このスパイウエアはイスラエルのNSOグループが開発したものだった。

 NSOグループは声明を発表し、同社の技術は「犯罪やテロとの戦いという目的に利用を限定し、認可済みの政府機関にライセンス供与されている」と述べ、同社がシステム自体を運用することはないと言明。「いかなる状況においても、NSOが自社システムの使用や標的の特定に関与することはない。政府の情報機関と法務執行機関のみが運用している」と説明した。

 ワッツアップは欧州の個人情報監督当局にハッカー攻撃を報告し、米国の捜査機関にも情報を提供したことを明らかにした。(ブルームバーグ)

(2019/5/15 05:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる