[ 科学技術・大学 ]

【電子版】66億km先の天体「ウルティマトゥーレ」、合体形成のナゾ NASAなどデータ解析

(2019/5/18 05:00)

  • 太陽系外縁部の小天体「2014MU69」(NASA/ジョンズホプキンス大学応用物理学研究所/サウスウェスト研究所/Roman Tkachenko)

 米探査機ニューホライズンズが今年1月に太陽系外縁部で接近観測した小天体「2014MU69」(仮称ウルティマトゥーレ)は、大小2つの小天体が秒速数メートルでゆっくりと衝突・合体して形成された可能性が高いことが分かった。米航空宇宙局(NASA)などの国際研究チームが17日付の米科学誌サイエンスに発表した。

 MU69は長さ約35キロメートルで、太陽系外縁に分布する小天体群「エッジワース・カイパーベルト」にある。約45億年前の原始太陽系でちりや氷が衝突・合体を繰り返し、小天体になった過程の解明が進むことが期待される。

  • 接近観測で判明した小天体「2014MU69」(仮称ウルティマトゥーレ)の立体形状(時事)

 MU69は2014年にハッブル宇宙望遠鏡で発見された。地球から約66億キロメートル離れている。ニューホライズンズが15年に冥王星の観測を終えた後、今年1月1日に距離約3500キロメートルまで接近、通過して観測した。

 当初は大小の球体がくっついた雪だるま形とみられたが、観測データを解析した結果、大きな円盤状天体(最大直径22キロ、厚さ7キロメートル)と球体を平たくつぶした形の天体(直径10キロ-14キロメートル)が合体してできていることが分かった。自転周期は約16時間で、表面温度は零下250-210度程度という。(時事)

(2019/5/18 05:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる