[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラ「モデル3」の3月事故、「オートパイロット」が作動中 米当局報告

(2019/5/19 05:00)

大部分のルーフが破損したテスラ「モデル3」(5月16日、米国家運輸安全委員会の予備報告書「HWY19FH008」から)大部分のルーフが破損したテスラ「モデル3」(5月16日、米国家運輸安全委員会の予備報告書「HWY19FH008」から)

 米テスラの「モデル3」が絡んだ3月のフロリダ州での死亡事故で、車両衝突時に自動運転支援機能「オートパイロット」が作動中で、ドライバーはハンドルを握っていなかったことが、米運輸安全委員会(NTSB)が16日公表した予備報告書で明らかになった。

 同報告書によれば、このドライバーはデルレイビーチの高速道路を横断していたセミトレーラーの側面に車両が衝突した際に死亡。衝突前の8秒間、明らかに運転していなかったもようだという。

 NTSBは「テスラ車が衝突時に時速68マイルで走行していたことが予備データで示されている。このデータと画像のいずれからも、ドライバーか先進運転支援システム(ADAS)が回避行動を取ったことが見て取れない」と指摘した。

 テスラは電子メールで送付した発表資料で、同車両のデータログ調査後に、NTSBと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に通知したことを明らかにした。NTSBが調査対象とするテスラ車の事故で最も新しい今回のケースは、2016年の「モデルS」の事故と類似している。(ブルームバーグ)

(2019/5/19 05:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる