[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラ「モデル3」の3月事故、「オートパイロット」が作動中 米当局報告

(2019/5/19 05:00)

大部分のルーフが破損したテスラ「モデル3」(5月16日、米国家運輸安全委員会の予備報告書「HWY19FH008」から)大部分のルーフが破損したテスラ「モデル3」(5月16日、米国家運輸安全委員会の予備報告書「HWY19FH008」から)

 米テスラの「モデル3」が絡んだ3月のフロリダ州での死亡事故で、車両衝突時に自動運転支援機能「オートパイロット」が作動中で、ドライバーはハンドルを握っていなかったことが、米運輸安全委員会(NTSB)が16日公表した予備報告書で明らかになった。

 同報告書によれば、このドライバーはデルレイビーチの高速道路を横断していたセミトレーラーの側面に車両が衝突した際に死亡。衝突前の8秒間、明らかに運転していなかったもようだという。

 NTSBは「テスラ車が衝突時に時速68マイルで走行していたことが予備データで示されている。このデータと画像のいずれからも、ドライバーか先進運転支援システム(ADAS)が回避行動を取ったことが見て取れない」と指摘した。

 テスラは電子メールで送付した発表資料で、同車両のデータログ調査後に、NTSBと米運輸省道路交通安全局(NHTSA)に通知したことを明らかにした。NTSBが調査対象とするテスラ車の事故で最も新しい今回のケースは、2016年の「モデルS」の事故と類似している。(ブルームバーグ)

(2019/5/19 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる