[ オピニオン ]

産業春秋/韓国との対話

(2019/5/21 05:00)

徴用工問題や従軍慰安婦問題などで対立が深まり、日本と韓国の関係は「戦後最悪」とも評されている。こうした状況が続くことは両国にとっても、東アジア諸国にとっても、好ましいことではないのは自明だ。

韓国の文在寅(ムン・ジェイン)大統領は、日本ではあまり評判が良くない。文政権の強硬な対日政策だけが強調されているせいもある。しかし、韓国では、人柄の良さや弱者に寄り添う姿勢が評価されて、リベラル層を中心に根強く評価されているという。

文大統領が「親日(チニル)清算」を訴えた3・1独立運動百周年記念式典の演説は、日本で反発を呼んだ。クォン・ヨンソク一橋大学准教授は、「親日(チニル)という概念が日本では一般的に誤解されている」と指摘する。

クォン氏によると、この演説の趣旨は、植民地時代に国を売って日本に協力した勢力が解放後、南北分断体制下で清算されなかったことから、その残滓(ざんし)をきちんと清算しようということで、現代において日本に近い人々を排斥しようとするものではないという。

昨今の対立で双方の「本音」が分かったといった見方もある。歴史問題も盛り込んだ日韓の新たな関係構築に向けて、両国が対話の扉を開き、新たな友好条約を結ぶ時かもしれない。

(2019/5/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる