[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米FAA、ボーイング737MAXの運航再開急がず 改善策「隅々まで調べる」

(2019/5/23 11:30)

  • 運航停止でタルサ国際空港の整備格納庫前に駐機されたアメリカン航空の737MAX機(19年5月、オクラホマ州タルサ=ブルームバーグ)

 米連邦航空局(FAA)はボーイング737MAXの運航停止措置の解除を急がない方針で、解除のスケジュールや時期は未定だと当局者が明らかにした。

 FAAのエルウェル局長代行は22日に記者団に対し、昨年10月以降の2回の墜落事故に関連した誤動作を修正するためボーイングが提案している改善策を同局の技術専門家が検証しており、「隅々まで調べる」と説明。「自信を持って運航停止命令を解除する上で必要なことを全て見つけるのに1年かかるとすれば、それはそれで仕方ない」と語った。同局長代行は翌日から世界の規制当局との会合に臨む。

 米テキサス州フォートワースで開かれるこの会合は、ボーイングとFAAにとって極めて大きな意味を持つ。ボーイングで最も売れ行きの良いジェット機シリーズは運航停止措置が延長される恐れがあり、FAAは航空機の安全性判断の権威としての評判を試される。同会合には31カ国と欧州航空安全庁(EASA)や国連の国際民間航空機関(ICAO)の代表らが出席する予定。(ブルームバーグ)

(2019/5/23 11:30)

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる