[ オピニオン ]

産業春秋/鎖国の功罪

(2019/5/24 05:00)

江戸幕府の「鎖国」政策はどう評価したらよいのだろうか。キリスト教徒が豊臣政権、江戸幕府による国内統治によって、不安定要因として認識されるようになっていった。

三代将軍家光の時代には、キリスト教徒を核とする大規模な民衆反乱「島原の乱」が起きる。そうした騒乱の芽を摘んで、天下泰平(たいへい)を享受するための政策だ。戦争のない時代が長く続いたという意味で、ポジティブに評価できる。

ただ、日本が鎖国をしている間に、欧州は産業革命の時代を迎え、軍事や航海分野での科学技術で決定的な差がついてしまい、ペリーの黒船にいきなり今日の東京湾に侵入されても為(な)す術(すべ)がない。こうなったのは、国を閉ざして近代化を怠ったというツケという見方もできなくはない。そうなると、鎖国の評価はネガティブになる。

また、もし鎖国せず、西洋文化を適宜、日本に流入させていたら、内にこもって熟成した、歌舞伎も浮世絵も、今に残るようにはならなかったとも言える。

物差しを変えると、評価は変わっていく好例だ。経済を見るのか、文化や政治を見るのか。見方を変えれば、いくらでも変わる。限定的な話としてはみんな正解と言える。一つの物差しを信じすぎてはいけない。

(2019/5/24 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい相対性理論の本

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい化粧品の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい化粧品の本 第2版

実務に役立つ 
プリント配線板の回路形成技術

実務に役立つ プリント配線板の回路形成技術

はじめての治具設計

はじめての治具設計

空飛ぶクルマのしくみ
技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

空飛ぶクルマのしくみ 技術×サービスのシステムデザインが導く移動革命

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいゴム材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいゴム材料の本

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる