[ 医療・健康・食品 ]

【電子版】ゲーム障害は「依存症」、WHOが正式認定 診断基準示す

(2019/5/28 05:00)

  • WHOは「ゲーム障害」を依存症として正式に認定、1990年以来約30年ぶりに「国際疾病分類」を改定した(18年8月、ドイツ・ケルン=ブルームバーグ)

【ベルリン=時事】世界保健機関(WHO)は25日の総会で、ゲームのやり過ぎで日常生活に支障を来す「ゲーム障害」を、依存症として正式に認定した。各種の疾病を類型化した「国際疾病分類」を1990年以来約30年ぶりに改定し、ゲーム障害を盛り込んだ。2022年1月から適用する。

 ゲームが進化する一方で、依存症の問題は深刻化。特に他のプレーヤーと一緒に遊ぶオンラインゲームは自分の意思でやめにくい場合があり、世界各地で長時間のプレーの末に死亡するケースも出ている。疾患として認定することで、各国での治療や対策を促す。

 今回の改定でオンライン、オフラインのゲームによる症状の双方を依存症として認定。①ゲームをする頻度や時間、開始と終了のタイミングなどを制御できない②日常のその他の活動よりゲームを優先する③家族関係や社会生活などに悪影響が出ているのにゲームを続ける―といった状況が12カ月以上続けば、依存症と診断するという基準を示した。

(2019/5/28 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる