[ オピニオン ]

産業春秋/ゲノム情報の争奪戦

(2019/5/31 05:00)

手術や放射線療法では対処できないがんの治療として期待されるゲノム(全遺伝情報)医療。患者の遺伝子を調べるパネル検査が6月にも保険適用となる見込みで、利用が広がりそうだ。ただ日本にとっての大きな課題は情報の争奪戦。

パネル検査装置で先行するのは米国メーカーだ。病院で採取した患者の検体を米国に送り、日本には結果リポートのみが帰ってくる仕組み。今後の新薬開発に欠かせない詳細なゲノム情報や、検体そのものは米国が持つことになる。

これに対し日本では国立がん研究センターとシスメックスが共同で検査装置を開発。米国製と並んで薬事承認を取得した。こちらはゲノム解析も検体保管も日本国内だ。

所管の厚生労働省は情報の国内蓄積に向けて知恵を巡らす。がんセンターに「がんゲノム情報管理センター」を設置。パネル検査に公的医療保険を適用する時は、このセンターへのデータ提出を要件とする。つまり日本人のゲノム情報を米国で解析した場合でもコピー提出を義務付ける。

重篤ながんの患者の闘病と医師の苦戦の陰で、情報の争奪戦が加速している。他分野だって似たようなことが起きているに違いない。産業界も安閑としていられないなと再認識した。

(2019/5/31 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる