[ オピニオン ]

社説/2019年版ものづくり白書 強さに安住せず、弱さの克服を

(2019/6/13 05:00)

今回で19回目となる「2019年版ものづくり白書」では、平成時代を通じた日本の製造業の変遷を分析した。

白書の刊行当時には、新興国の製造業の急成長を背景に産業空洞化への危機感が強かったが、近年では一部に国内回帰の動きも見られる。またリーマン・ショックごろを底に、国内総生産に占める製造業の比率が上昇に転じている。多くの困難に直面しているものの、部品・素材などでは強みを発揮している。足元では人手不足が深刻化していることなどを記述している。

振り返りとしては、妥当な内容と言えよう。ただ、白書が製造業の今後の方策を示すためには、いささか物足りない印象がぬぐえない。

新興国の製造業は、安価な人件費を武器に日本から“世界の工場”の地位を奪っただけではない。日本のエレクトロニクス産業はデジタル化の変化についていけず、巨大なマーケットを獲得し損ねた。その結果、日本全体が「自動車“一本足打法”になっている」と経済産業省幹部は危機感を吐露する。

製造業の伸び悩みと収益の悪化が、近年、相次いでいる品質トラブルの背景にある。産業界は、従来型の優れた量産技術による「高品質・低価格」の製品戦略が海外で通用しなくなっていることを実感しており、それに代わる戦略やビジョンを渇望している。「ソサエティー5・0」の実現を産業界から政府に働きかけているのも、この認識があるからだ。

かつて日本にモノづくりで惨敗した米国が、いかにして復活の道を切り開いたか。そうした分析と政府レベルの戦略が必要なのではないだろうか。第4次産業革命も、生産性向上や合理化ツールではなく、産業構造の革新につながる動きとして推進すべきだろう。

日本の製造業が今も、部品・素材分野で強みを維持していることは頼もしい。しかし、その強さに安住せず、弱さを克服する道を探らなければならない。政府は課題解決を企業まかせにせず、そうした姿勢を打ち出してほしい。

(2019/6/13 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

一から学ぶ工業潤滑剤

一から学ぶ工業潤滑剤

Asprova解体新書
生産スケジューラ使いこなし再入門

Asprova解体新書 生産スケジューラ使いこなし再入門

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

熱設計を考慮したEMC設計の基礎知識

わかる!使える!品質改善入門
<基礎知識><段取り><実践活動>

わかる!使える!品質改善入門 <基礎知識><段取り><実践活動>

未来の科学者との対話17
第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話17 第17回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

中小工場のためのIoT構築入門
低コストで簡単にシステムをつくる

中小工場のためのIoT構築入門 低コストで簡単にシステムをつくる

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン