[ ICT ]

【電子版】ファーウェイ、米ベライゾンに特許料1080億円超要求

(2019/6/13 05:00)

  • ファーウェイのセキュリティ検証センター(5月21日、ベルギー・ブリュッセル=ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米メディアは12日、中国通信機器大手の華為技術(ファーウェイ)が米通信大手ベライゾン・コミュニケーションズに対し、特許使用料として10億ドル(約1080億円)超を支払うよう求めていると報じた。トランプ政権の制裁対象になっているファーウェイと米国との対立が激化する可能性がある。

 報道によると、ファーウェイは2月に書簡を送り、通信機器やIoT(モノのインターネット)関連技術など200以上の特許の使用料をベライゾンに要求した。ベライゾンは「地政学的状況に照らせば、この問題は当社だけでなく業界全体に影響を及ぼす」(広報担当者)としている。

  • 米メディアによると、ファーウェイはノートPC「MateBook」シリーズの新モデル開発を打ち切り、製造パーツの納入を停止させたとみられる(18年12月、ドイツ・ベルリン=ブルームバーグ)

新型「MateBook」発売中止、制裁の影響広がる

【ニューヨーク=時事】中国の通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)が米国による制裁の影響で、新型ノートパソコンの発売を中止した。複数のメディアが12日までに報じた。同社の売上高に占めるノートPCの割合はわずかだが、第5世代通信(5G)関連やスマートフォン以外にも制裁の影響が広がっているのが浮き彫りになった。

 米CNBCテレビによれば、ファーウェイの消費者事業部門トップはノートPC「メイトブック」シリーズの新製品発売を無期限で延期したことを明らかにした。米紙ウォール・ストリート・ジャーナルは、ファーウェイが制裁の影響でPCの製造自体を中止したと報じた。

 米政府は5月、ファーウェイに米企業との取引を原則禁止する制裁措置を発動。ファーウェイは米マイクロソフトの基本ソフト(OS)や米インテルの半導体などを使用できなくなり、新製品の発売中止を余儀なくされた。

(2019/6/13 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる