[ ICT ]

【電子版】ファーウェイ、海外スマホ出荷6割減を想定 最新モデル「Honor 20」販売停止も

(2019/6/17 07:00)

  • 写真はファーウェイのサブブランド「Honor View 20」(1月9日、ネバダ州ラスベガス=ブルームバーグ)

 中国の通信機器メーカー、華為技術(ファーウェイ)は、トランプ米政権による禁輸措置で海外でのスマートフォン出荷が40-60%減少する可能性に備えている。事情に詳しい複数の関係者によれば、ファーウェイは社内の予想を分析中で、海外で今月投入する予定の最新モデル「Honor 20」の販売停止を含む選択肢を検討している。

 サブブランドのHonor 20は英仏など欧州の一部で21日に発売する予定だが、同社幹部は発売後の状況を見守った上で、懸念されていた通りに売れ行きがさえない場合は出荷を打ち切る可能性がある。情報の部外秘を理由に匿名で語った。フランスでは主要通信事業者のうち2社がHonorを取り扱わないことを既に決めていると、関係者2人は述べた。

 ファーウェイの営業・マーケティング担当マネジャーは、今年のスマホ出荷量が4000万-6000万台減少する可能性を想定しているという。同社が2018年に出荷した2億600万台のうち海外が半分近くを占めたことを踏まえれば、大幅な落ち込みとなる。ファーウェイは予想に関してコメントを控えた。

 ファーウェイは海外での落ち込みを埋め合わせるため、19年に中国国内市場で最大50%のシェア獲得を目指している。関係者が年末目標に関する社内協議の情報を引用して明らかにした。(ブルームバーグ)

(2019/6/17 07:00)

ICTのニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる