[ オピニオン ]

社説/2025年の崖 デジタル変革を自分ごとに

(2019/6/18 05:00)

経営基盤を担うITシステムが旧態依然としたままではデジタル変革(DX)時代の競争に立ちゆかず、多大な損失をもたらす。経済産業省はこうした事態を「2025年の崖」として、警鐘を鳴らしている。DXへの対応は大企業のみならず、中堅・中小企業にも関わる経営課題であり、人ごとではなく“自分ごと”として捉えることが必要だ。

2025年の崖は経産省がまとめた「DX(デジタル変革)レポート」の中軸となるメッセージ。「レガシー(遺産)」と称される老朽化したITシステムがDXの弊害となり、25年以降、日本全体で年間最大12兆円(現行比3倍)の経済損失をもたらすと指摘している。

従来型システムは、事業部門ごとに構築され、全社横断的なデータ活用ができなかったり、過剰に作り込んでいたりすることが多い。DXレポートでは、システムの複雑化やブラックボックス化が要因となり、25年には維持管理費が企業のIT予算の9割以上を占めると予測。保守運用の担い手不在を加味すると、サイバーセキュリティーの災害やデータ滅失などのリスクの高まりも懸念される。

一方、産業界を見渡すと、人工知能(AI)やIoT(モノのインターネット)などの実証実験が至るところで行われ、デジタル化の波は着実に広がりつつある。もはやAIやIoTなくして「攻めのIT」はあり得ないが、これらはいわば飛び道具であり、それのみで大きく稼げるわけではない。

IT投資も月額利用のクラウドサービスの登場により、以前とは様変わりしているが、すべてがクラウド化するわけではなく、現状維持という企業はまだ数多い。企業の競争力を高めるには、本丸の基幹システムの刷新抜きには語れず、DXへの取り組みをいかに経営の意思決定につなげるかがカギとなる。

新たなデジタル技術にいち早く対応できる企業と、人ごとのように手をこまねいている企業では大きな差が生じる。すべての経営者がDXを自分ごとと捉えるべきだ。

(2019/6/18 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる