[ オピニオン ]

産業春秋/ヒアリ騒動から2年

(2019/6/21 05:00)

2017年の夏、世間を騒がせていたのがヒアリ。6月中旬に兵庫県下で初めて見つかり、各地に飛び火するように発見の報が続いた。毒を持ち、刺されると激痛とともに死に至るとされた外来種のアリだ。

騒動から2年。報道を見聞きすることは激減した。しかし環境省の調査によれば、累計確認数は1万匹に近い。19年に入っても見つかっている。危険性がなくなったわけではない。

「野生化し、定着させてはならない」と、警鐘を鳴らすのは沖縄科学技術大学院大学の吉村正志博士。ヒアリ対策の専門家で、琉球大学と京都大学、国立環境研究所とともに新たな国の対策事業に参画している。

刺されても必ず死ぬわけではないとの情報もあるが「体質によっては死に至る。死亡例がある以上、定着すれば社会的コストをかける必要が出てくる」と指摘する。日常的な対策が必須となれば、作業効率低下など産業界への影響も考えられる。

外来種の防除には市民や関係機関との連携が重要。「風化させない一方、いたずらに騒がずリスクを正しく認識できるよう、研究者とメディアは共同戦線を張るべきだ」と吉村博士。ヒアリを止めつつ、その熱が“喉元”を過ぎない枠組みが社会に求められている。

(2019/6/21 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる