[ ICT ]

【電子版】米、中国スパコン大手も取引禁止 5社をリスト追加

(2019/6/22 08:00)

  • 商務省が発表したブラックリスト追加企業は天津海光先進技術投資、成都海光集成電路、成都海光微電子技術、中科曙光、無錫江南計算技術研究所(17年3月、ファーウェイのサーバーシステム=ブルームバーグ)

【ワシントン=時事】米商務省は21日、安全保障上のリスクが高い外国企業のリストに、次世代スーパーコンピューター開発を手掛ける中国の大手企業5社を追加すると発表した。米企業との取引を事実上禁じる。

 20カ国・地域首脳会議(G20大阪サミット)に際して行われる米中首脳会談を前に、中国通信機器最大手の華為技術(ファーウェイ)制裁に続く新たな強硬策を打ち出した形で、先端技術をめぐる米中の覇権争いは一層激化しそうだ。

 次世代スパコンは、核兵器やミサイル防衛システム、暗号技術に大きな影響を及ぼすため、米中両国が開発競争にしのぎを削っている。商務省が発表した措置の対象は、中国政府系のスパコン開発大手である曙光信息産業や、米半導体大手アドバンスト・マイクロ・デバイシズ(AMD)と合弁を組む天津海光先進技術投資など。24日に官報で正式に通知する。

 商務省が安保を脅かすと判断した外国企業と米企業が取引する場合、米政府の許可が必要となる。許可申請は原則、拒否される。

 曙光は世界有数のスパコン開発企業。商務省は同社の製品が中国政府や軍事に利用されていることを問題視した。5月中旬にはファーウェイをリストに加えた。

 米企業との取引を禁じられた対象企業は、米国の技術の利用や部品調達ができなくなるため、経営に影響が出るとみられる。トランプ政権は、中国政府が巨額の補助金をつぎ込むハイテク産業育成戦略「中国製造2025」を警戒し、貿易協議で見直しを求めている。

(2019/6/22 08:00)

おすすめコンテンツ

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

目利きが教えるエンドミル使いこなしの基本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる