[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】仏カルフール、中国から完全撤退へ 売上高低迷で家電量販大手に事業売却

(2019/6/24 10:00)

  • 北京市内のカルフール店舗(10年9月、中国・北京=ブルームバーグ)

【パリ、シンガポール、北京=ロイター時事】フランスの小売り大手カルフールは23日、中国法人の株式80%を6億2000万ユーロ(約7億ドル)で、中国家電量販大手の蘇寧易購に売却することで合意したと発表した。合意には残り20%の株式売却の機会に関する内容も含まれており、カルフールは中国市場から完全に撤退することになる。

 カルフールは1995年に中国に進出したが何年もの間、事業の再生に取り組んできた。地元企業や好調なオンライン市場との激しい競争を受けて、2018年の売上高は5.9%減の41億ユーロ(46億6000万ドル)と低迷していた。

 蘇寧易購は深セン証券取引所に23日提出した文書で「株式の取得によりブランド力を強化し、急速に変化する分野においてマーケティング能力や食品品質管理、供給網の管理を強化することができる」と指摘した。

 カルフールの広報担当者は「(中国IT大手の)騰訊(テンセント)と2018年1月から(カルフール・チャイナの)過半数に満たない株式の売却をめぐって協議を行っていたが打ち切った」と説明。「ただ、テンセントとの戦略的な事業提携は維持される」とした。

 買収総額は債務も含めて14億ユーロ(15億9000万ドル)で、規制当局の承認を経て2019年末に完了する見込み。

(2019/6/24 10:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる