[ ロボット ]

【電子版】中国DJI、ドローンを米国生産へ カリフォルニアに自社工場

(2019/6/25 09:00)

  • DJIの赤外線カメラ搭載ドローン「MAVIC 2 ENTERPRISE DUAL」(同社提供)

【ワシントン=ロイター時事】民生用飛行ロボット(ドローン)世界最大手、中国の大疆創新科技術(DJI)は24日、製品組み立てを米カリフォルニア州セリトスの同社倉庫で行う計画を明らかにした。一部の米議員らは中国製ドローンに対する安全保障面での懸念を表明していた。

 DJIは米税関・国境警備局(CBP)が米国で生産されたDJIのドローンが米通商協定法に照らして適格と判断した場合、「マビック2エンタープライズ・デュアル」ドローンをカリフォルニア州で組み立てる。CBPの判断があれば、米政府機関がDJIのドローンを購入することがより容易になるはずだとしている。

 先週の米上院商業科学運輸委員会の公聴会ではリック・スコット上院議員(共和党)が中国製ドローンの米国販売禁止について質問。「中国とビジネスを行うのはばかげている」と語気を強めた。国防大学のハリー・ウィンゴ教授は、米国がDJI製品に依存しすぎていると指摘。トランプ大統領が警告した、米通信網に中国の華為技術(ファーウェイ)製品を使うリスクと似た国家的リスクだと強調した。

(2019/6/25 09:00)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる