[ オピニオン ]

社説/地方の交通手段を改革 成長戦略で交通分野の市場創出

(2019/6/26 05:00)

政府は2019年度の成長戦略実行計画に、地方における交通手段の改革案を盛り込んだ。近年、地方では公共交通網の縮小や高齢ドライバーによる事故などが起き、喫緊の課題になっている。安全な移動手段を確保しつつ、新たな市場の創出にも努めてもらいたい。

人手不足の影響は、バスやタクシー業界にも波及している。ここ数年、自動車運転業務の有効求人倍率は急上昇しており、17年には2・72倍を記録。全職業平均の1・35倍を大きく上回る。特に山間部や過疎地では運転手不足が深刻化しており、バス路線やタクシーの営業エリアが縮小し、住民生活が立ち行かない事態に発展しつつある。

また、高齢ドライバーによる重大事故も相次いでいる。加齢により認知機能に衰えを感じた運転手には、免許証の自主返納を促す対策が不可欠だ。だが一方で三大都市圏以外の自動車依存度は70―79歳で65%、80歳以上で57%もある。地方の高齢者が日々の暮らしを維持するには、自動車は欠かせない。

こうした社会課題に対し有効な解決策となるのが完全自動運転だが、その実現と自動運転車の普及は20年代後半から30年代と予想される。政府は当面の打開策として、19年度の成長戦略実行計画で自家用車を使った運送サービス制度とタクシーの相乗り制度を盛り込み、閣議決定した。

自家用車を使った運送サービス制度は、一般的な第一種運転免許で運送でき、タクシーの少ない山間部などで有効な対策となる。必要な法案を20年通常国会に提出する。一方、タクシーの相乗り制度は、配車アプリやシームレスな移動など新しいビジネスモデルを創出でき、訪日客や観光客の潜在需要も掘り起こせる。道路運送法上の通達改正を19年度中に実施し、来夏には運用する。

地方における移動手段の確保は、待ったなしの状況だ。一方でITなど革新技術を用いた解決策を講じれば、新たな市場の創出にもつながる。政府は、日本の課題を産業界の活力に変える努力をしてもらいたい。

(2019/6/26 05:00)

オピニオンのニュース一覧

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる