[ 科学技術・大学 ]

【電子版】NASA、土星の衛星タイタンへ「ドローン」派遣 26年打ち上げ

(2019/6/29 05:00)

  • 米航空宇宙局(NASA)が土星を周回する衛星タイタンに送り込む無人探査機「ドラゴンフライ」のイメージ画像(NASA提供)

【ワシントン=時事】米航空宇宙局(NASA)は27日、土星を周回する衛星タイタンに、無人探査機「ドラゴンフライ」を送り込む計画を公表した。2026年に打ち上げ、34年にタイタンへ到達。飛行ロボット(ドローン)のように回転翼で浮上し、地表を移動しながら各種データを地球へ送信する。

 ドラゴンフライはゴルフカートほどの大きさで、8基の回転翼を装備。2年半余りの間にタイタンの地表を約180キロメートル移動し、砂丘やクレーターなどさまざまな場所を探査する。タイタンが地球より濃い大気で覆われているため、回転翼での移動が可能といい、NASAは「複数の回転翼を持つ探査機を地球外の天体へ送るのは初めて」と説明している。

 タイタンは誕生初期の地球と環境が似ており、液体の「海」や有機物質も存在すると考えられているため、収集したデータの解析が生命誕生のプロセス解明につながることも期待されている。NASAのブライデンスタイン長官は「謎を秘めた『海』への到達は、生命に関するわれわれの知見に変革をもたらし得る」と強調している。

(2019/6/29 05:00)

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる