[ オピニオン ]

産業春秋/サプライズ米朝会談

(2019/7/2 05:00)

まるでサーカスのショーを見せられたかのようなサプライズだった。30日のトランプ米国大統領と金正恩朝鮮労働党委員長との会談は、南北分断の象徴である軍事境界線上の板門店で実現した。現職の米国大統領が北朝鮮の領域に足を踏み入れるのは初めてだ。

トランプ米大統領が金委員長にツイッターで面会を呼びかけて、表面上はわずか1日での会談となった。もちろん水面下では会談の調整が続けられてきたに違いない。

米朝首脳が会うのは、今年2月末のベトナム・ハノイでの首脳会談以来。今回の会談は、トランプ米大統領にとって、来年に控えた大統領選を前に、北朝鮮との緊密な関係をアピールすることで協議再開の突破口を開きたいとの思惑がうかがえる。

一方、金委員長は現職の米国大統領を北朝鮮に招き入れたということで、国内向けに威厳を保てるという意味がある。両首脳ともパフォーマンスにたけており、華やかな演出に世界は見せられた。

非核化をめぐる米朝交渉は、実務者協議に委ねられる。非核化プロセスに関するトップ同士の合意がない中で、どれだけ交渉が進むかどうか。これからの両国の動きを慎重に見極めながら、日本は日朝会談にむけた動きを進めるべきだ。

(2019/7/2 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる