[ 科学技術・大学 ]

【電子版】米テンプル大など、感染マウスのエイズウイルスDNA除去に成功 抗ウイルス薬とゲノム編集で

(2019/7/3 05:00)

  • リンパ球に結合するHIV(アメリカ疾病予防管理センター提供)

 エイズウイルス(HIV)に感染したマウスで、免疫細胞の染色体に組み込まれたHIVのDNAを除去する実験に成功したと、米テンプル大とネブラスカ大の研究チームが発表した。HIVの増殖を抑える抗ウイルス薬の作用が長く続くよう工夫した上で、遺伝子を効率良く改変するゲノム編集技術を使い、ウイルスDNAを「削除」したという。

 HIVを除去できたマウスの割合は約3割だった。研究チームは技術を改善し、霊長類での実験を経て臨床試験を目指す。HIVに感染した場合、現在は抗ウイルス薬を長く服用し続ける必要があるが、体内からHIVを除去できれば、抜本的な治療法になる。論文は2日付の英科学誌ネイチャー・コミュニケーションズに掲載された。 

 ゲノム編集によるエイズ対策をめぐっては、昨年秋、中国の研究者が受精卵のゲノム編集を行い、双子の女児を誕生させたと発表。HIVが人の免疫細胞に侵入するために利用する細胞表面のたんぱく質「CCR5」の遺伝子を壊したとされる。しかし、副作用の懸念があり、取り返しがつかないと非難され、日本でも受精卵ゲノム編集の法規制を検討することになった。

 今回の米大学チームの実験は受精卵ではなく、免疫細胞という体細胞が対象。マウスの染色体や遺伝子には手を加えず、マウスの染色体に組み込まれたウイルスのDNAだけを削除することを狙った。(時事)

(2019/7/3 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる