[ 金融・商況 ]

【電子版】フェイスブックの仮想通貨、来年発行困難か FRB議長「リスク評価に12カ月以上」

(2019/7/12 05:00)

  • パウエル議長は17日から始まるG7で「リブラ」が議題になることを明らかにした(7月11日、ワシントンD.C.=ブルームバーグ)

【ワシントン=時事】米国の中央銀行に当たる連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長は11日、米交流サイト最大手のフェイスブック(FB)が発行を計画する暗号資産(仮想通貨)「リブラ」に関し、金融システムなどへのリスク評価に「12カ月以上かかる」と明言した。FBは2020年の導入を目指すが、計画通りの推進が困難になる可能性が出てきた。

 パウエル議長は上院銀行委員会での証言で、リブラの普及には「重大な懸案がある」と改めて警戒感を示した。金融革新技術の利点を挙げる一方、「計画を進める前に個人情報保護、マネーロンダリング(資金洗浄)などをめぐる問題を徹底的に評価する必要がある」と訴えた。

 リブラが普及すれば、スマートフォンなどによる国境を越えた個人間の送金や資金決済が簡単にできるようになる。パウエル議長は「ビットコインを決済に使う人はほとんどいない」として、利用者が全世界で20億人を超えるFBがリブラを展開した際の金融システムリスクは、はるかに大きいとの認識を示した。

 さらに「責任を持つ監督当局が一つでないことが課題だ」と、国際的な枠組みでの対応が必要になる可能性を指摘。17、18両日にフランスのシャンティイで開かれる先進7カ国(G7)財務相・中央銀行総裁会議で「(リブラも)議題になる」と明らかにした。

(2019/7/12 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる