[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ボーイング、737プログラム責任者が退社へ わずか2年で2人交代

(2019/7/12 08:00)

  • ボーイングの737MAX7(ワシントン・レントン工場=ボーイング提供)

 米ボーイングは737プログラムの責任者エリック・リンドブラッド氏が退社すると発表した。同氏はこのプログラムの責任者を約1年間務めていた。リンドブラッド氏(57)の退社に伴い、もう一つの重要プロジェクトである次世代中型旅客機計画のリーダーも交代する。

 ボーイングの収益の柱である737プログラムの責任者が2年足らずの間に2人去ることになった。リンドブラッド氏はボーイングが昨年、エンジンなどの部品納入の遅れに苦慮している時にワシントン州レントンの製造拠点の責任者に就き、最近では2件の墜落事故後の737MAXの運航停止の問題に対処していた。

 ボーイングの単通路機プログラムの責任者にはマーク・ジェンクス氏が就任する。同氏はこれまで、開発を検討中のNMA(次世代中型旅客機)の統括責任者だった。

 ボーイング民間航空機部門の責任者、ケビン・マカリスター氏によれば、同社はNMA構想への投資を継続する。NMA責任者にはマイク・シネット氏が就き、同氏は引き続き製品戦略・航空機開発チームも率いる。(ブルームバーグ)

(2019/7/12 08:00)

自動車・輸送機のニュース一覧

おすすめコンテンツ

マテリアルズ・インフォマティクス
材料開発のための機械学習超入門

マテリアルズ・インフォマティクス 材料開発のための機械学習超入門

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門
付加価値と生産性を見える化してますか?

図解!本気の製造業「原価計算」実務入門 付加価値と生産性を見える化してますか?

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい組込みシステムの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい組込みシステムの本

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド 
よくわかるラダー言語の基本と勘所

工場IoT技術者のためのPLC攻略ガイド よくわかるラダー言語の基本と勘所

3つのアポロ
月面着陸を実現させた人びと

3つのアポロ 月面着陸を実現させた人びと

きちんと知りたい! 
バイクメンテとチューニングの実用知識

きちんと知りたい! バイクメンテとチューニングの実用知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる