[ ICT ]

【電子版】米マイクロソフトとAT&T、クラウド分野で提携 2000億円超

(2019/7/18 07:00)

  • NYのマイクロソフトショップ(18年7月、ニューヨーク=ブルームバーグ)

【ロイター時事】米マイクロソフトと通信大手AT&Tは17日、クラウド分野での提携で合意したと発表した。AT&Tは、マイクロソフトのクラウドサービス「アジュール」を導入するとともに、26万8000人の従業員の多くがビジネスツール「マイクロソフト365」を利用する。

 両社は、「エッジコンピューティング」と呼ばれる分野でも協力。AT&Tの第5世代通信規格(5G)とマイクロソフトの技術を組み合わせ、データ送受信の遅れを最小限にする必要のあるドローン向け管制システムなどに応用する。関係筋によると、提携は複数年に及び、20億ドル強に相当する。

 アマゾン・ドッド・コムの「アマゾン・ウェブ・サービス(AWS)」からクラウド市場のシェアを奪いたいマイクロソフトにとって、クラウドサービスをAT&Tに優先的に提供する立場を確保した今回の提携は、大きな勝利となる。

 AT&T幹部によれば、携帯などの通信サービスが同社の事業の中核であることは今後も変わらないが、今回の提携は他の事業については他社のデータセンターに大きく依存する形へAT&Tを根本的に変化させるという。

 マイクロソフトにとっては、エッジコンピューティングサービスを売るパートナーを手に入れたことにもなる。このサービスによって、データ収集センサーを備えた機械のある工場や、在庫管理のためセンサーやカメラを設置した小売店向けのソフト開発が促進される。

(2019/7/18 07:00)

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験 
「機械部門」 合格への厳選100問 第5版
合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 「機械部門」 合格への厳選100問 第5版 合否を決める信頼の1冊!

技術士第一次試験 
「環境部門」専門科目 問題と対策
第4版

技術士第一次試験 「環境部門」専門科目 問題と対策 第4版

雲海を翔る
クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

雲海を翔る クラウドベンチャー“サテライトオフィス”の成長力

利益が出せる生産統制力
異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

利益が出せる生産統制力 異常の芽を事前に摘み取るQCD管理

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

中小製造業の「製造原価と見積価格への疑問」にすべて答えます!

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 
新・日本型人づくり
興研の経営哲学と人事評価制度

未踏に挑み、オンリーワンを生み出す 新・日本型人づくり 興研の経営哲学と人事評価制度

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。オプトアウトを含むクッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる