[ 科学技術・大学 ]

【電子版】トランプ氏、月面着陸は「偉大な業績」 アポロ11号飛行士らが表敬

(2019/7/20 11:00)

  • ホワイトハウスでトランプ米大統領(中央)を表敬する宇宙船「アポロ11号」の元宇宙飛行士バズ・オルドリン氏(右端)とマイケル・コリンズ氏(左端)(19日、EPA時事)

【ワシントン=時事】米宇宙船「アポロ11号」が人類初の月面着陸に成功して20日で50年を迎えるのに合わせ、同船に搭乗した元宇宙飛行士らが19日、ホワイトハウスを訪れてトランプ大統領を表敬した。トランプ氏は月面着陸を「偉大な業績の一つ」とたたえるとともに、政権が有人の火星探査を目指していることを強調した。

 表敬したのは、アポロ11号に搭乗した飛行士3人のうち月面に降り立ったバズ・オルドリン氏(89)と、月周回軌道上で司令船を操縦したマイケル・コリンズ氏(88)。船長を務めたニール・アームストロング氏(2012年死去)の家族も招かれた。

 米航空宇宙局(NASA)は、24年に月面へ再び飛行士を送り込み、33年までに有人火星探査を成功させる目標を掲げているが、財政面の制約などから実現を危ぶむ見方もある。表敬訪問ではオルドリン氏が、米国の有人宇宙探査が近年足踏みしていることを指摘し「ここ10-15年に関しては、いささか失望している」と苦言を呈する一幕もあった。

(2019/7/20 11:00)

科学技術・大学のニュース一覧

おすすめコンテンツ

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ダイカスト入門 <基礎知識><段取り><実作業>

リチウムイオン二次電池の性能評価
長く安全に使うための基礎知識

リチウムイオン二次電池の性能評価 長く安全に使うための基礎知識

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電車の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電車の本

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話
次世代の電車線路用ビーム

写真で見る鋼管平面ビーム実用化の話 次世代の電車線路用ビーム

わかる!使える!ねじ入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!ねじ入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

専門紙ヘッドライン

専門紙

↓もっと見る

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる