[ オピニオン ]

産業春秋/エアコンの季節

(2019/7/22 05:00)

昼夜を問わずエアコンが活躍する季節となった。だが、風や音が気になり睡眠中にエアコンを控える人もいる。準大手ゼネコンのフジタはこうしたニーズに着目し、長府製作所と寝室に特化したパネルエアコンを開発した。

赤外線を利用する放射冷房システムだ。熱源は一般のヒートポンプ式だが、高い熱エネルギーをもつ空気をゆっくり放出する室内機に、熱エネルギーを赤外線に変換するパネルを組み合わせた。赤外線により室内の物体をムラなく冷暖房し、体の冷やしすぎや熱しずぎを防ぐ。

パネルには、独自開発した特殊繊維を編み込んだ布「サーモテックファイバー」を使用。軽量、高耐久性により水蒸気を適度に透過させながら放射冷暖房ができ、パネル表面に結露が発生しない。低速ファンで運転音は30デシベルA以下を実現した。

フジタは元々、患者の空調に関する苦情から病院向けに天井放射冷暖房システムを開発、3施設に導入した。今回の寝室専用エアコンの発想は、こうした経験が生かされた。

上質(リッチ)な眠りを提供する意味を込め「眠(ネム)リッチ」と命名し、マンションやホテル、住宅に提案を始めた。この風を吹かない寝室用パネルエアコン、市場に新風を吹き込めるか。

(2019/7/22 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる