[ オピニオン ]

社説/卓越大学院事業 外部資金獲得にも多様性

(2019/7/22 05:00)

博士人材育成の文部科学省「卓越大学院プログラム」で、多様な取り組みが広がっている。外部からの資金獲得が必須だが、設計の自由度を高めたことが功を奏した。現場に甘くない支援事業を、大学の力に生かす設計ができるかどうか。それが問われる時代になっている。

卓越大学院は、社会のあらゆる分野で活躍する、独創的で俯瞰(ふかん)力を持つ博士号取得者を育てる5年一貫のプログラムだ。初年度の2018年度には13大学15件が採択された。補助金額が次第に減り、最終年度は初年度の3分の1となる。その分を企業などから、研究や産学連携と結びつけて獲得する力が求められる。しかし、19年度の本格スタートに伴い、その中身の幅広さが明らかになってきた。

例えば、早稲田大学は電力・エネルギー分野で、計13の国公私立大学の学生を対象とし、各大学とつながる全10電力会社と連携した“教育拠点”を構築する。筑波大学は受講生が、生命医科学系と理・工・情報学系の2教員から“完全ダブルメンター”で指導を受け、産学などの共同研究の主体者となる。

企業資金獲得で多いのは、有料の会員制組織との連動だ。一方で、博士課程学生ならではの力を生かした取り組みもある。東京工業大学は受講生と教員が数週間、企業に常駐して課題解決にあたる。データ分析や異なる専門を掛け合わせる高度な案件で、企業から対価を得られる。

同事業は「国の資金獲得という点ではうまみが少ない」(採択大学の幹部教員)ことが、応募を絞るよう働いた。国の資金を学生の経済支援に回す計画しか立てられない大学など、従来の博士教育事業と異なり除かれたとみられる。

また、同事業は他事業と比べ、細かな条件が設定されなかった。“公募要領に合わせて提案を作文する”のに慣れた大学には、戸惑いがあった。それだけにユニークで熱意ある事業が選ばれ、進むことになった。公的資金は単なる補助ではなく、組織全体を大きく変える事業に投入されるものだと実感される。

(2019/7/22 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる