[ ICT ]

【電子版】Tモバイルとスプリント合併、米司法省が承認へ 米ディッシュが資産取得で合意

(2019/7/25 05:00)

  • Tモバイルとスプリントのショップ(4月30日、ニューヨーク=ブルームバーグ)

 衛星放送サービスの米ディッシュ・ネットワークは米携帯電話3位のTモバイルUSと同4位スプリントのワイヤレス資産を50億ドル(約5400億円)で取得することで合意した。これにより米司法省がTモバイルとスプリントの265億ドル規模の合併計画を承認する準備が整う。事情に詳しい複数の関係者が明らかにした。

 これら関係者によると、数週間の交渉の末、ディッシュがプリペイド携帯事業に約15億ドル、周波数帯に35億ドル前後を支払うことで合意が成立。合意条件によってディッシュは3年間にわたって資産や、契約の支配権を第3者に売却・譲渡することができない。関係者らは詳細がなお非公開であることを理由に匿名で語った。

 この合意により、司法省は25日にも合併計画を承認する可能性がある。これら関係者によると、Tモバイルは、スプリントとの合併条件はディッシュへの資産売却で影響を受けないとあらためて説明するとみられる。

  • 今回の一部資産売却の合意で米衛星放送大手のディッシュ・ネットワークは携帯事業に参入する(13年8月、コロラド州デンバー=ブルームバーグ)

 Tモバイルはスプリントとの合併により430億ドル程度が節減できるとしている。ディッシュ、Tモバイル、スプリント、司法省はいずれもコメントを控えた。

 Tモバイル、スプリントと両社の親会社は1年余り前から合併計画の当局承認を目指して取り組んできた。米連邦通信委員会(FCC)のパイ委員長は5月に合併計画承認を勧告したが、司法省からの承認獲得は難航してきた。

 今回の合意の一環としてディッシュは7年間、Tモバイルの携帯サービスをディッシュブランドで販売できることになった。また、プリペイド顧客がディッシュに移行するのに伴って3年間、Tモバイルが運用をサポートする。(ブルームバーグ)

(2019/7/25 05:00)

おすすめコンテンツ

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集
<解答と解説>

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」専門科目 受験必修過去問題集 <解答と解説>

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社
2020年版

社員も会社も輝く! 関西の優良企業50社 2020年版

東京の長寿企業70社

東京の長寿企業70社

2020年度版 技術士第一次試験 
「建設部門」受験必修問題300

2020年度版 技術士第一次試験 「建設部門」受験必修問題300

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる