[ オピニオン ]

産業春秋/公衆電話の役割

(2019/8/5 05:00)

今や、すっかり見かけなくなった公衆電話。利用者が少ない、設置のための維持費がかかるなどの理由で撤去が進んでいる。スマートフォンがこれだけ普及すれば、もはや日常の連絡手段としての役割は終えたように思う。

すでにコミュニケーションの手段は、SNS(会員制交流サイト)が当たり前。公衆電話のかけ方を知らない子どもは少なくないという。

姿を消しつつある中で、新しく生まれ変わった公衆電話もある。自動車に乗ったまま利用できる愛知県日進市の「ドライブスルー公衆電話」が、約30年ぶりにリニューアルされた。受話器のコードは通常の2倍の長さ。夜間でも利用しやすいように発光ダイオード(LED)ソーラー外灯を設置した。

緊急時に備え、公衆電話は一定範囲で設置が義務づけられている。災害時でも、公衆電話はつながりやすい。ドライブスルー公衆電話では、リニューアルに合わせ、災害用伝言ダイヤルの操作方法を掲示し、認知度向上を図っている。

NTT東日本、西日本とも、ホームページで公衆電話の設置場所を検索できる。緊急時に備えて避難場所の確認と同様、公衆電話の設置場所を把握しておいて損はない。時代遅れと切り捨てるのは早計だ。

(2019/8/5 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる