[ 科学技術・大学 ]

【電子版】フランス人発明家、“空飛ぶボード”でドーバー海峡横断飛行

(2019/8/5 05:00)

  • 仏北部サンガットを離陸し、ドーバー海峡へ向かう発明家フランキー・サパタ氏(4日、AFP時事)

【パリ=時事】複数の小型ジェットエンジンを搭載し空に浮く「フライボード・エア」を製作したフランス人発明家フランキー・サパタ氏(40)が4日、空を飛んで英仏間のドーバー海峡横断に成功した。AFP通信が報じた。

 円盤状のフライボード・エアに一人で立って飛行する様子は「空飛ぶセグウェイ(立ち乗り式電動二輪車)」の異名で知られる。サパタ氏は7月25日にも海峡の横断を試みたが、海に落ちて失敗していた。

 AFPによると、サパタ氏は、仏北部サンガットを離陸し、幅約35キロメートルのドーバー海峡を22分で横断した。ヘルメットに装着された計測器によれば、時速160-170キロメートルの速度で海峡を渡った。

  • 空に浮く「フライボード・エア」に乗り、フランス北部サンガットを離陸したフランス人発明家フランキー・サパタ氏(4日、EPA時事)

 背中に燃料を背負い、海面上空15-20メートルを飛行した。飛行継続時間は約10分が限界のため、海上の船に一度着陸して「給油」しなければならなかった。

 サパタ氏は横断成功後、記者団に対し「全てうまくいった! 足をやけどしたが、痛さのことは考えず楽しむようにした」と語った。また、次は「空飛ぶ車」を完成させるつもりだと述べた。

 サパタ氏は7月14日の仏革命記念日のパレードでも、マクロン大統領らが見守る中、フライボード・エアで上空数十メートルを飛行。「空飛ぶ男」として一躍注目を集めた。

(2019/8/5 05:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる