[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラの「オートパイロット」、米当局が性能に懸念 公式調査準備か

(2019/8/8 13:30)

  • テスラの「モデルS」でオートパイロットモードで運転するドライバー(16年9月、ニューヨーク=ブルームバーグ)

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)がテスラの運転支援システム「オートパイロット」の公式調査を準備している可能性があることが、新たに公表された文書で示唆されていると、元NHTSA当局者が指摘した。

 法の透明性向上を求める非営利団体「プレーンサイト」が6日公表したNHTSAとテスラのやりとりによると、NHTSAは2018年4月以来少なくとも5回、テスラ車の衝突事故に関する情報提出を命じた。プレーンサイトはこの文書を情報公開法に基づき入手した。

 また、NHTSAはテスラに対し、セダン「モデル3」の自動緊急ブレーキシステムの従属部品に対する内部テストの結果や、16年半ば以降のオートパイロット搭載車・非搭載車の販売データを提出するよう要請した。

 NHTSAの欠陥調査室(ODI)の元室長であるフランク・ボリス氏はこの文書を閲覧後、「NHTSAがオートパイロットの性能に懸念を抱いていることを示していると思う」と指摘。情報提出命令はNHTSAが「公式調査の裏付けとなる情報を収集している」ことを意味している可能性があると述べた。

 NHTSAはテスラに対する欠陥の調査を実施しておらず、開始しない可能性もある。同局は開始するかどうかについて直接コメントを控えた。テスラは電子メールで「当社は定期的にNHTSAと情報を共有するとともに、顧客のプライバシーを保護する必要性とのバランスを取っている」とコメントした。(ブルームバーグ)

(2019/8/8 13:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる