[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】テスラの「オートパイロット」、米当局が性能に懸念 公式調査準備か

(2019/8/8 13:30)

  • テスラの「モデルS」でオートパイロットモードで運転するドライバー(16年9月、ニューヨーク=ブルームバーグ)

 米運輸省道路交通安全局(NHTSA)がテスラの運転支援システム「オートパイロット」の公式調査を準備している可能性があることが、新たに公表された文書で示唆されていると、元NHTSA当局者が指摘した。

 法の透明性向上を求める非営利団体「プレーンサイト」が6日公表したNHTSAとテスラのやりとりによると、NHTSAは2018年4月以来少なくとも5回、テスラ車の衝突事故に関する情報提出を命じた。プレーンサイトはこの文書を情報公開法に基づき入手した。

 また、NHTSAはテスラに対し、セダン「モデル3」の自動緊急ブレーキシステムの従属部品に対する内部テストの結果や、16年半ば以降のオートパイロット搭載車・非搭載車の販売データを提出するよう要請した。

 NHTSAの欠陥調査室(ODI)の元室長であるフランク・ボリス氏はこの文書を閲覧後、「NHTSAがオートパイロットの性能に懸念を抱いていることを示していると思う」と指摘。情報提出命令はNHTSAが「公式調査の裏付けとなる情報を収集している」ことを意味している可能性があると述べた。

 NHTSAはテスラに対する欠陥の調査を実施しておらず、開始しない可能性もある。同局は開始するかどうかについて直接コメントを控えた。テスラは電子メールで「当社は定期的にNHTSAと情報を共有するとともに、顧客のプライバシーを保護する必要性とのバランスを取っている」とコメントした。(ブルームバーグ)

(2019/8/8 13:30)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる