[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】米ウーバーの4-6月期、5550億円の赤字 過去最大

(2019/8/9 12:00)

  • ウーバーの本社(8月6日、カリフォルニア州サンフランシスコ=ブルームバーグ)

【ニューヨーク=時事】米配車大手ウーバー・テクノロジーズが8日発表した2019年4-6月期決算は、純損益が52億3600万ドル(約5550億円)の赤字(前年同期は8億7800万ドルの赤字)となった。米メディアによると、四半期の赤字幅としては過去最大。5月の新規株式公開(IPO)に伴う株式報酬の関連費用を計上したほか、研究開発費など先行投資の増大も響いた。

 売上高は14.4%増の31億6600万ドル。市場予想平均(リフィニティブ調べ)の33億6000万ドルを下回った。

 競争激化を背景に、主力の配車事業の売上高は2.5%増の23億4800万ドルにとどまった。一方、料理宅配サービスの「ウーバーイーツ」事業は72.0%増の5億9500万ドルと大きく伸びた。

 総経費は約2.5倍の86億5000万ドル。研究開発費が約8.4倍の30億6400万ドルと膨らんだほか、一般管理費も約2.6倍の16億3800万ドルと拡大した。

 月間アクティブユーザー(1カ月で1回以上利用したユーザー数)は9900万人と、前年同期の7600万人から増加した。

 コスロシャヒ最高経営責任者(CEO)は電話会見で「19年が投資のピークだ」と説明。「20、21年と赤字は減っていく」との見通しを示した。

(2019/8/9 12:00)

おすすめコンテンツ

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」
経営改善のための工業簿記練習帳

演習!本気の製造業「管理会計と原価計算」 経営改善のための工業簿記練習帳

プラスチック製品設計者1年目の教科書

プラスチック製品設計者1年目の教科書

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

金属加工シリーズ フライス加工の基礎 上巻

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる