[ ICT ]

【電子版】ファーウェイ、独自OS「Harmony OS」発表 Android利用停止に備え

(2019/8/10 05:00)

  • ファーウェイが発表した独自OS「鴻蒙(ホンモン、英語名ハーモニー)」(9日、AFP時事)

【香港=時事】中国通信機器最大手、華為技術(ファーウェイ)は9日、スマートフォンなどに搭載する基本ソフト(OS)「鴻蒙(ホンモン、英語名ハーモニー)」を独自に開発したと発表した。同社は、米政府による制裁で米グーグルのOS「アンドロイド」が使用できなくなった場合に備え、OSの自社開発を加速させていた。

 香港メディアなどによると、鴻蒙はアンドロイドと互換性があり、パソコンやウエアラブル端末などにも組み込める。ファーウェイは年内にも、鴻蒙を搭載したディスプレー端末を発売する。

 同社と米国企業との取引を事実上禁じた米政府の制裁をめぐっては、トランプ米大統領が先に緩和に言及。ただ米通信社は8日、決定が先送りされていると報じており、依然として不透明感が漂う。

 グーグルが5月、ファーウェイとの取引を一部停止したと伝えられると、利用者の多い「Gメール」や「ユーチューブ」がファーウェイ製スマホで使えなくなるとの懸念が強まり、各国の通信会社などで同社製品の売り控えが広がった。苦境が続く中、ファーウェイは、ハードからソフトまで一貫して自社製品でまかなえることを内外にアピールした。

 同社の消費者向け事業の責任者である余承東氏は9日、広東省東莞市での会合で、「アンドロイドが使えなくなっても、いつでも鴻蒙が使える」と自信を見せた。

(2019/8/10 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいエントロピーの本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいエントロピーの本 第2版

技術士第二次試験 
「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「建設部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100
第5版

技術士第二次試験「機械部門」完全対策&キーワード100 第5版

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる