[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】台風10号接近 鉄道各社、計画運休広がる

(2019/8/14 14:30)

  • 15日の山陽新幹線の運行状況への注意を呼び掛ける電光ボード(14日、JR新大阪駅)

 15日の台風10号上陸に備え、西日本では前日までに運休を決め、公表する「計画運休」が広がっている。JR西日本は山陽新幹線・新大阪-小倉間で、始発から終日運休を決めた。在来線でも、JR四国は四国全線で終日運休を決定。JR西日本も山口、広島、岡山の各県を中心に終日運休としたほか、京阪神地区の一部線区でも運休する可能性があるとしている。

 JR西日本は15日、山陽新幹線・新大阪-小倉間を終日運休し、小倉-博多間は1時間1本程度運行する。JR東海は15日、山陽新幹線に直通する東海道新幹線の全列車を、東京-新大阪間で折り返し、昼間時間帯で運行本数を減らす「間引き運転」を実施する。JR九州も九州新幹線で15日始発から本数を減らして運転する。

 在来線では、JR四国が15日、瀬戸大橋線を含む全線を終日運休する。14日午後から順次、各線の運転を取りやめていく計画で、瀬戸大橋線も今夜遅くの運転を見合わせる可能性がある。JR九州は宮崎県内の各線で夕方以降の運転を見合わせる計画を発表した。

 JR西日本は山陰の一部線区を除き、中国エリアで15日終日、すべての列車・代行バスの運転を見合わせる。天候次第では早ければ14日夕方にも、一部線区で運転を取りやめる可能性がある。

 京阪神・北陸地区でも14、15日の運行に影響が出そうだ。北陸線・近江塩津(滋賀県)-金沢間は14日中に運転を取りやめる可能性があるとしている。現時点で決定していないが、滋賀県の湖西線・近江舞子-近江塩津間では、15日の始発から終日運休する可能性がある。またJR神戸線(東海道線・山陽線)や阪和線、関西空港線などでは15日午後から終日運転を見合わせる可能性があるという。

 台風通過後の16日も線路設備の点検のため、ダイヤに大幅な影響が見込まれている。

(2019/8/14 14:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる