[ オピニオン ]

産業春秋/京都の夏

(2019/8/20 05:00)

「暑おすなぁ。そっち(東京)はどうどす?」―。“ふらり”という言葉そのままに、清水寺貫主の森清範師が、下京の安養寺(澤田教英住職)に姿を見せた。

「蓮(はす)を見ると、お盆やなぁと感じますな」。安らぎの声が本堂を包む。「どんなところにもご先祖さんが帰ってきはる。何でもよろし、水をあげて、そこにご先祖さんを想念してください。どなたにも親はいる。そして皆さんが存在する。お盆くらいはご先祖さんに想(おも)いを馳(は)せてください」。

平成から令和へと、時代をまたぐ清水寺の大改修。「清水の舞台」や本堂を覆う素屋根の珍しい姿に、驚かされた観光客も多いのではないか。中では本堂の屋根の檜皮(ひわだ)の葺(ふ)き替(か)えが進む。50年ぶりという。ヒノキの皮を重ね、竹のクギで留める。重ねること厚さ17センチメートル。

出雲大社で使ったヒノキの皮は40トン。それすら凄(すご)い量だが、清水寺では156トン必要だという。原木が減り、調達が思うに任せない。職人の技の伝承も心細い。次の世代の改修はどうなるのだろう。

「“送り火”が心配どしたな」と森師。超大型の台風10号が中国地方を縦断した翌16日の夜、聖なる炎が京の街を紅(あか)く染めた。精霊が浄土に還れば、京に吹く風は少しずつやさしくなる。

(2019/8/20 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

原子力年鑑2021

原子力年鑑2021

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

誰も教えてくれない 
「部品工場の納期遅れ」の解決策

誰も教えてくれない 「部品工場の納期遅れ」の解決策

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

エレクトロニクス実装のためのマイクロ接合科学

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる