[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】米ボーイング、「737MAX」保管所で従業員増強 10-12月期の運航再開目指す

(2019/8/21 10:30)

  • 「737MAX」が駐機されたボーイングフィールド(ワシントン州シアトル=ブルームバーグ)

【シアトル=ロイター時事】米航空機大手ボーイングは20日、ワシントン州グラントカウンティ国際空港で勤務する従業員を増強するため、「数百人規模」を臨時採用すると発表した。

 ワシントン州には、2件の墜落事故を受けて運航停止となっている新型機「737MAX」が多数保管されている。今回の採用は、航空各社への引き渡しを10月に再開する最良のシナリオの実現に向けた重要な一歩で、航空機の保守点検や引き渡し準備の支援が仕事内容となる。

 ボーイングは、墜落事故で焦点となった失速防止装置の修正ソフトウエアが承認され次第、737MAXの商業運航を「10-12月期の早い時点」に再開する意向を改めて表明した。以前は運航再開時期を10月としていたものの、連邦航空局(FAA)のエルウェル副長官は7月時点で確定を避けていた。

(2019/8/21 10:30)

おすすめコンテンツ

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI
近未来 人工知能ロードマップ

本当は、ずっと愚かで、はるかに使えるAI 近未来 人工知能ロードマップ

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術
この一冊で儲かるシステムを提案できる

SEのための小売・サービス向けIoTの知識と技術 この一冊で儲かるシステムを提案できる

わかる!使える!放電加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!放電加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる