[ ICT ]

【電子版】ファーウェイ、米制裁で1兆円強の減収に 個人向け端末事業

(2019/8/24 05:00)

  • ファーウェイの最新スマホ「P30」(3月26日、フランス・パリ=ブルームバーグ)

 中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)は、米国が設けた輸出制限で消費者向け端末事業の年間売上高が100億ドル(約1兆650億円)前後減少するとの見方を示した。同社は半導体やソフトウエアなど、米国製の部材購入を禁じられている。

 ファーウェイの徐直軍副会長は23日、ケイデンス・デザイン・システムズやシノプシスなど米国の主要サプライヤーからの調達に代わる手段を模索していると説明。ファーウェイ全体への打撃は、創業者で最高経営責任者(CEO)の任正非氏が当初見積もったよりも「やや少ない」との認識も示した。(ブルームバーグ)

日本向け広報誌を8月末で休刊 関連サイトも閉鎖へ

 中国通信機器メーカーの華為技術(ファーウェイ)は、8月末で日本向けのデジタル広報誌を休刊し、関連サイトを閉鎖する。ファーウェイ・ジャパンが23日、メールマガジン読者に送信したメールで明らかになった。休刊理由は「諸般の事情」とし、「突然の残念な報告となり、大変申し訳なく思っている」と読者や寄稿者に対し陳謝した。

  • ファーウェイの大型スマホ広告が設置された家電量販店(7月24日、東京・秋葉原=ブルームバーグ)

 同社広報誌「HuaWave」は2011年2月に創刊し、18年10月まで全31号にわたる印刷版を発行。昨年末からデジタルメディアにリニューアルした。当初はファーウェイ本社の英文広報誌の翻訳中心だったが、徐々に独自コンテンツを増やし、直近ではビジネスや科学、生活、情報通信技術(ICT)をテーマに中国、日本に関連する記事を定期的に掲載していた。

 ファーウェイを巡っては米国が19日、輸出規制措置の一部猶予期間を11月中旬まで90日間延長すると発表。一方で、懸念先リストにファーウェイの関連会社46社を追加する決定も下した。米商務省の制裁措置強化で創業者の任正非・最高経営責任者(CEO)は、「生きるか死ぬかの瀬戸際」に立っているとの認識を示していた。

 ファーウェイ製品について日本では、KDDIとソフトバンクが8月に入り、延期していた最新スマートフォン「P30」シリーズの販売を開始。NTTドコモも21日から事前予約の受け付けを再開した。(ブルームバーグ)

(2019/8/24 05:00)

おすすめコンテンツ

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド
一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

異物不良「ゼロ」徹底対策ガイド 一般エリアからクリーンルームまで即効果が出る

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいシリコーンの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいシリコーンの本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる