[ ICT ]

【電子版】AI兵器、攻撃判断に人間関与 初の国際指針

(2019/8/25 05:00)

  • AI兵器の規制化に米国やロシアなど軍事大国は慎重な姿勢を示した

【ベルリン=時事】非人道的な兵器を規制する特定通常兵器使用禁止制限条約(CCW)の締約国は22日未明、人工知能(AI)により自律的に人間を殺傷する兵器に関する初の国際指針で合意した。攻撃の判断に人間を関与させることが柱。ジュネーブでの政府専門家会合で採択した。

 当初20-21日の予定だった会合は紛糾。軍事大国の米国やロシアが過度な規制に慎重な姿勢を示し、法的拘束力のある条約化に踏み込めなかった。AI兵器の全面禁止を求めるNGOからは「意欲的でない」と批判の声が上がった。来年から2年間、より具体的な内容を議論する。 

 こうした兵器は「自律型致死兵器システム(LAWS)」と呼ばれる。無人機などの利用が進む中、AI兵器が実用化されれば、殺傷の責任の所在が不明確になるといった懸念が大きい。このため指針には、攻撃判断の責任を人間や政府が負うことや、兵器使用時に国際人道法を順守することも盛り込まれた。

 日本政府は、攻撃判断までAIが行う兵器は「開発しない」と明言。一方で、人口が減少する中、人間の関与を確保した上で、ヒューマンエラーの減少や省力化などにつながる技術の開発は推進していく方針だ。

(2019/8/25 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる