[ ICT ]

【電子版】米アップル 、9月にiPhone新モデル3機種を発表へ

(2019/8/26 05:00)

iPhone XR(18年9月、カリフォルニア州クパチーノ=ブルームバーグ)

 米アップルはスマートフォン「iPhone(アイフォーン)」の「Pro(プロ)」モデルやタブレッド「iPad(アイパッド)」のアップグレード版などを含むハードウエアの新製品を今後数週間から数カ月に発表する準備を進めている。

 事情に詳しい複数の関係者によると、アップルは9月のイベントでアイフォーンの新モデル3機種を発表する。同月中に発売の公算が大きく、7-9月(第4四半期)の売上高に貢献する見通しだが、真価を問われるのは重要な年末商戦となる。同社はその時期に向けて新しいハードウエアとソフトウエア、サービスを投入し、売上高の拡大を図る予定。

 年内にはカメラ性能を高め、より高速なチップを備えた「iPad Pro」の新機種や、アイパッドの画面サイズを拡大したエントリーモデル、「アップルウオッチ」の新型モデルを投入するほか、ノート型PC「MacBook Pro(マックブック・プロ)」を3年ぶりに改良する。

 ワイヤレスイヤホン「エアポッド」とスピーカー「ホームポッド」を含む主要なオーディオアクセサリーのアップデートも進行中だという。関係者は部外秘情報だとして匿名を条件に話した。アップルの広報担当はコメントを控えた。(ブルームバーグ)

iPhone

 ●アイフォーンの新機種のうちProモデル2機種は昨年発売した「XS」と「XS MAX」のそれぞれの後継機。「XR」の後継となる1機種も投入する。

 ●Proの主な特徴は新しいカメラシステムで、背面に超広角アングルの写真や映像を撮影できる3番目のセンサーを配置した3眼カメラ

 ●上位機種はビデオ撮影機能を大幅に向上させ、プロ用ビデオカメラの性能に近づけた

 ●もう一つの目立った新機能はワイヤレス逆充電機能。最新のエアポッドをワイヤレス充電ケースに入れてProの背面に置くと充電できる

 ●新機種は新しいマルチアングルの顔認証センサーを搭載。識別範囲が広がるため、端末をテーブルに置いたままでも容易にロック解除できる

 ●XRの後継モデルは背面カメラが2眼となり、質を落とすことなくさらにズームできるという。カラ-はグリーンが新たに加わる

 ●3機種はいずれもより高速なプロセッサー「A13」を搭載する。「AMX」として知られる新たなコンポーネントが組み込まれ数学的なタスク処理を担う

 ●3機種はいずれも5G対応ではない

iPad

 ●中間モデルの「iPad Air」と「iPad Mini」の新機種を今年発表したアップルは、「Pro」と学校向けの低価格モデルを一新する

 ●11インチと12.9インチのProは、iPhoneと同様のアップグレードとなり、カメラ性能を向上しより高速なプロセッサーを採用する

 ●低価格モデルの画面は10.2インチとなり、9.7インチの新モデルの販売は今後行わない可能性がある

Apple Watch

 ●アップルウオッチは、新しいデザインを採用し画面を拡大した昨年モデルに比べると変更は控えめとなる見通しで、重点はソフトウエア「ウオッチOS6」と新しいケースの仕上げに置かれそうだ

Mac

 ●アップルはマックブック・プロを刷新し、画面サイズを16インチとする計画。ベゼルを狭くするため全体的には現行の15インチモデルに近いサイズになる

 ●17インチモデルを2012年に生産終了したアップルは、それ以降で最大の画面を持つ新モデルでプロのユーザーのつなぎ留めを図る

  • Apple Pencil(18年3月、イリノイ州シカゴ=ブルームバーグ)

新型「iPhone」、アップル・ペンシルに対応

 米アップルは今年9月に新型「iPhone(アイフォーン)」を発表すると見られているが、同モデルは初めてタッチペン「アップル・ペンシル」対応になると、台湾紙の経済日報が18日に匿名のテクノロジー業界関係者を引用して報じた。

 同紙によると、アップル・ペンシル部品の台湾サプライヤー、新日興や中国探針などが恩恵を得る見込み。(ブルームバーグ)

(2019/8/26 05:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる