[ エレクトロニクス ]

【電子版】米グローバルファウンドリーズ、TSMCを特許侵害で提訴 iPhoneなど輸入差し止め請求

(2019/8/28 14:00)

  • TSMCの本社(6月5日、台湾・新竹市=ブルームバーグ)

 半導体受託生産の米グローバルファウンドリーズは26日、同業で世界最大手の台湾積体電路製造(TSMC)に対する特許侵害訴訟を起こし、米国際貿易委員会(ITC)に米アップルの「iPhone(アイフォーン)」を含むTSMC製品を用いた広範な機器の輸入差し止めを求めた。

 ITCに特許侵害を申し立てたグローバルファウンドリーズはまた、米国とドイツの裁判所でも民事訴訟を提起した。

 訴訟の対象はTSMCに加え、同社の顧客であるアップルやブロードコム、クアルコム、ザイリンクス、エヌビディアなど。シスコシステムズやグーグル、レノボ・グループ(聯想集団)も訴えられた。TSMCはクアルコムやエヌビディアなどの企業が設計する半導体を生産し、そうしたTSMC製品がアイフォーンやレノボのパソコン、シスコのルーターなどに搭載される。

 TSMCは裁判所の文書を一切受け取っておらず訴訟の詳細については承知していないと広報担当の孫又文氏は説明。その上で、「TSMCは常に知的財産を尊重しており、われわれのテクノロジーは全てわれわれ自らが開発した」と主張した。(ブルームバーグ)

(2019/8/28 14:00)

おすすめコンテンツ

金を掛けずに知恵を出す 
からくり改善事例集 Part4

金を掛けずに知恵を出す からくり改善事例集 Part4

本当に役立つ英文ビジネスEメール
第2版

本当に役立つ英文ビジネスEメール 第2版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい電線・ケーブルの本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい電線・ケーブルの本

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そのまま使えるENAA 国内プラント建設契約モデルフォームと逐条解説 第3版

そうか!わかった! 
プラント配管の原理としくみ

そうか!わかった! プラント配管の原理としくみ

わかる!使える!機械加工入門
<基礎知識><段取り><実作業>

わかる!使える!機械加工入門 <基礎知識><段取り><実作業>

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる