[ 商社・流通・サービス ]

【電子版】ヤンキース、アマゾンなどとCATV局買収 3700億円

(2019/8/31 05:00)

  • アメリカンリーグチャンピオンシップ第4戦でヤンキースがヒューストン・アストロズに勝利した試合(17年10月17日、ニューヨーク・ヤンキースタジアム=写真:Mike Stobe / Getty Images/Bloomberg)

 米大リーグ(MLB)、ニューヨーク・ヤンキースは球団の試合を放映するケーブルテレビ(CATV)局「YESネットワーク」を米シンクレア・ブロードキャスト・グループやアマゾン・ドット・コムなどと買収した。YESを34億7000万ドル(約3700億円)と評価する取引。

 ヤンキー・グローバル・エンタープライゼズが29日発表した資料によると、この投資家連合は同社が保有していないYES株式80%を米ウォルト・ディズニーから買い取った。投資家にはレッドバード・キャピタル、ブラックストーン傘下のタクティカル・オポチュニティーズ、ムバダラ・キャピタルも含まれる。

 ディズニーは今年、米21世紀フォックス資産買収の一環としてYESの過半数株を取得した。ただヤンキースのオーナーにはこの株式を購入する選択肢が与えられており、長期にわたって交渉が続いていた。

 持ち株比率はシンクレアが20%であることが別の発表資料で開示された。ヤンキースは26%で投資家の中で最大になると、ランディ・レバイン球団社長が電話会議で明らかにした。アマゾンは15%となるが、買い増す権利がある。残る39%を金融投資家が分け合う形となる。

 アマゾンはスポーツ分野を徐々に強化しており、今回の合意もそうした流れだ。同社は試合の視聴とオンラインでの商品購入を組み合わせる可能性があり、スポーツ番組に関心があるとの見方もある。アマゾンはYESへの出資計画についてコメントを控えた。(ブルームバーグ)

(2019/8/31 05:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい地盤工学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい地盤工学の本

図解よくわかるスマート農業
デジタル化が実現する儲かる農業

図解よくわかるスマート農業 デジタル化が実現する儲かる農業

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務
基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

すぐ身につく分析化学・機器分析の実務 基礎、前処理、手法選択、記録作成を現場目線で解説

岐路に立つ日本医療
破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

岐路に立つ日本医療 破綻か飛躍か!?激変する世界が迫る選択

新版 
イチから知る!IR実務

新版 イチから知る!IR実務

おもしろサイエンス 
火山の科学

おもしろサイエンス 火山の科学

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる