[ ICT ]

【電子版】アリババ会長、AIの恩恵あれば週12時間労働も可能 上海AIサミットで

(2019/9/2 13:00)

  • 上海AIサミットで会談するアリババ会長のジャック・マー氏(左)とテスラCEOのイーロン・マスク氏(ブルームバーグのツイッターから)

 中国の長時間労働を長く擁護してきたアリババ・グループ・ホールディングの共同創業者、馬雲(ジャック・マー)会長は29日、人工知能(AI)の恩恵が行き渡れば人々は週12時間労働で済むだろうとの認識を示した。

 馬会長は上海で開かれた「2019年世界人工知能大会」で、人々の労働が技術的進歩に助けられ週3日、1日4時間で済むようになる可能性があると発言した。馬会長は、上海に製造施設を建設中の米テスラのイーロン・マスク最高経営責任者(CEO)と共に登壇した。

 中国一の富豪である馬氏は今年、中国ハイテク業界で常態化している1日12時間、週6日の労働慣行を支持する立場を示した。こうした慣行は午前9時から午後9時まで、週6日の勤務を意味する「996」と称される。 同氏は今年、典型的な1日8時間勤務を期待する人々の声を退ける見解を示し、反発を招いていた。

 馬氏は29日、「仕事については心配ない」と述べ、AIは人間の仕事を奪うというよりも人を助けると指摘。「コンピューターにはチップしかないが、人間には心がある。心こそ知恵の源泉だ」と語った。(ブルームバーグ)

(2019/9/2 13:00)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス
長寿命化のための調査・診断と対策

よくわかるコンクリート構造物のメンテナンス 長寿命化のための調査・診断と対策

自動運転のためのセンサシステム入門
車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

自動運転のためのセンサシステム入門 車載カメラとLiDARによるセンサフュージョン

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい機械力学の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい機械力学の本

はじめて学ぶ電気電子計測
原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

はじめて学ぶ電気電子計測 原理を理解し、正しく計測するための基礎知識

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる