[ エレクトロニクス ]

米中摩擦で潮目変化、日本が供給地に NEDIA・泉谷副会長、洗浄展で講演

(2019/9/6 05:00)

  • 講演する泉谷氏

パシフィコ横浜(横浜市西区)で開催中の「2019洗浄総合展」(日本洗浄技能開発協会、日本産業洗浄協議会、日刊工業新聞社主催)で5日、日本電子デバイス産業協会(NEDIA)の泉谷渉副会長(産業タイムズ社社長)が特別講演を行った。テーマは「激動の時代を迎えた電子デバイス産業の未来構図」。

泉谷氏は冒頭、米中貿易戦争の激化が世界経済にとって最大の不安要因になっていることに触れ、「トランプ米大統領も習近平主席も一歩も引かない。5年間は続くのではないか」との見解を示した。その上で「貿易戦争の結果、(世界の)設備投資の流れは中国には向かず、米国に向いている。供給地として好立地な日本にも向いている」と潮目の変化を強調した。

電子デバイス業界の市場動向については、「DRAMやNAND型フラッシュメモリーの状況は良くないが、12月くらいから復活するだろう」と予測。「2020年の半導体と電子部品はかなり良い所まで回復する。設備投資は対19年比で15%以上伸びるだろう」と語った。泉谷氏は今後、半導体が伸びる市場として、車載用半導体や車載・監視用に使われるイメージセンサーなどを挙げた。

(2019/9/6 05:00)

総合3のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説
第8版

技術士第一次試験「機械部門」専門科目過去問題 解答と解説 第8版

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

<解析塾秘伝>AIとCAEを用いた実用化設計

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験
<1・2級>学科・実技試験

攻略!「マシニングセンタ作業」技能検定試験 <1・2級>学科・実技試験

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい新幹線技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい新幹線技術の本

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん!
幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

グローバル図面(新ISO準拠)って、どない描くねん! 幾何公差で暗黙の設計意図を見える化する

未来の科学者との対話19
第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話19 第19回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用しています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる