[ ICT ]

【電子版】アップル、ディスプレー内蔵タッチIDセンサーを開発中 来年にも搭載機

(2019/9/6 11:00)

  • 関係者によると、アップルは「SE」に続く低価格モデルについても、早ければ来年上半期の投入を検討しているという(13年9月、ユタ州ウェストバレーシティ=ブルームバーグ)

 米アップルは早ければ2020年発売の「iPhone(アイフォーン)」での採用を視野にディスプレー内蔵型の指紋認証技術を開発している。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。アップル社内と国外のサプライヤーの両方で現在、この技術をテスト中だという。実際の搭載は21年発売のアイフォーンにずれ込む可能性もある。

 ディスプレー内蔵型の指紋認証はアイフォーンと競合するアンドロイド端末では今年、普及が始まった。サムスン電子と華為技術(ファーウェイ)、オッポ(OPPO)、小米のフラッグシップモデルは全てこの技術を採用している。

 関係者らによれば、指紋読み取りセンサーがアイフォーンのディスプレーに組み込まれ、ユーザーはディスプレーの大部分で指紋をスキャンできるようになる。また既存の顔認証システムと並行して機能する形になるという。アップルの広報担当、トゥルーディー・マラー氏はコメントを控えた。

 関係者らによれば、アップルはテストで順調な結果が得られれば、20年発売のアイフォーンへの搭載を考えている。開発に詳しい関係者1人によれば、サプライヤーはアイフォーンにこの技術を組み入れる能力を備えているが、まだ大量生産できる状態には至っていないという。

 このほかアップルは、アイフォーン「SE」以来初となる低価格モデルに取り組んでいる。関係者らによれば、早ければ20年上期(1-6月)に発売される可能性がある。端末の形状は「8」と同様で、ディスプレーのサイズは4.7インチだという。指紋認証に関しては、ディスプレー内蔵型ではなく、ホームボタンに「タッチID」機能を組み込む形になる見通し。(ブルームバーグ)

(2019/9/6 11:00)

おすすめコンテンツ

実務に役立つ 
食品分析の前処理と実際

実務に役立つ 食品分析の前処理と実際

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版
―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

図面って、どない読むねん!LEVEL 00 第2版 ―現場設計者が教える図面を読みとるテクニック―

設計者は図面で語れ! 
ケーススタディで理解する幾何公差入門
公差設計をきちんと行うための勘どころ

設計者は図面で語れ! ケーススタディで理解する幾何公差入門 公差設計をきちんと行うための勘どころ

実践!モジュラー設計
新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

実践!モジュラー設計 新規図面をゼロにして、設計の精度・効率を向上させる

図解よくわかる植物細胞工学
タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

図解よくわかる植物細胞工学 タンパク質操作で広がるバイオテクノロジー

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

NCプログラムの基礎〜マシニングセンタ編 上巻

Journagram→ Journagramとは

PR

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる