[ ICT ]

【電子版】アップル、ディスプレー内蔵タッチIDセンサーを開発中 来年にも搭載機

(2019/9/6 11:00)

  • 関係者によると、アップルは「SE」に続く低価格モデルについても、早ければ来年上半期の投入を検討しているという(13年9月、ユタ州ウェストバレーシティ=ブルームバーグ)

 米アップルは早ければ2020年発売の「iPhone(アイフォーン)」での採用を視野にディスプレー内蔵型の指紋認証技術を開発している。計画に詳しい複数の関係者が明らかにした。アップル社内と国外のサプライヤーの両方で現在、この技術をテスト中だという。実際の搭載は21年発売のアイフォーンにずれ込む可能性もある。

 ディスプレー内蔵型の指紋認証はアイフォーンと競合するアンドロイド端末では今年、普及が始まった。サムスン電子と華為技術(ファーウェイ)、オッポ(OPPO)、小米のフラッグシップモデルは全てこの技術を採用している。

 関係者らによれば、指紋読み取りセンサーがアイフォーンのディスプレーに組み込まれ、ユーザーはディスプレーの大部分で指紋をスキャンできるようになる。また既存の顔認証システムと並行して機能する形になるという。アップルの広報担当、トゥルーディー・マラー氏はコメントを控えた。

 関係者らによれば、アップルはテストで順調な結果が得られれば、20年発売のアイフォーンへの搭載を考えている。開発に詳しい関係者1人によれば、サプライヤーはアイフォーンにこの技術を組み入れる能力を備えているが、まだ大量生産できる状態には至っていないという。

 このほかアップルは、アイフォーン「SE」以来初となる低価格モデルに取り組んでいる。関係者らによれば、早ければ20年上期(1-6月)に発売される可能性がある。端末の形状は「8」と同様で、ディスプレーのサイズは4.7インチだという。指紋認証に関しては、ディスプレー内蔵型ではなく、ホームボタンに「タッチID」機能を組み込む形になる見通し。(ブルームバーグ)

(2019/9/6 11:00)

おすすめコンテンツ

メカトロ・センサ The ビギニング
制御に用いるセンサの選定と使い方

メカトロ・センサ The ビギニング 制御に用いるセンサの選定と使い方

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい真空技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい真空技術の本

わかる!使える!乾燥入門
<基礎知識><準備・段取り><実務作業>

わかる!使える!乾燥入門 <基礎知識><準備・段取り><実務作業>

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる