[ 自動車・輸送機 ]

【電子版】独ボッシュ、中国CATLと48V電池で提携 マイルドHVで排ガス規制対応

(2019/9/6 11:30)

  • ボッシュの48ボルトバッテリー(同社提供)

【フランクフルト=時事】ドイツ自動車部品大手ボッシュは5日、主にマイルドハイブリッド車(HV)に搭載される電圧48ボルト規格の電池で中国の車載電池大手CATL(寧徳時代新能源科技)と提携すると発表した。ボッシュが自社仕様の電池セルをCATLから仕入れ、電池モジュールやバッテリーパックに加工する。

 欧州では新車の二酸化炭素(CO2)排出量を2021年までに走行距離1キロ当たり平均95グラムに圧縮し、30年までにはさらに37.5%の削減が義務付けられている。ドイツなどの欧州自動車メーカーはディーゼル車から電気自動車(EV)へのシフトを急ぐが、価格の問題や充電設備の不足などから急速なEV普及は見込めない状況だ。マイルドHVはトヨタ自動車など日本勢が強みを持つ高電圧HVと比べてコストが低く、構造も複雑でなく、排ガス規制の達成に向けて本格的なEV普及までをつなぐ重要な戦略となる。

 加えて自動化・デジタル化の動きが加速するにつれて電装品の搭載が増え、車載電源の強化も急務となっている。ボッシュは25年までに中国と欧州を筆頭に世界の新車の約2割に48V電池が搭載されると予想し、電動車分野の売上高は10倍超の50億ユーロを見込む。

(2019/9/6 11:30)

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい半導体パッケージ実装と高密度実装の本

未来の科学者との対話18
第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

未来の科学者との対話18 第18回 神奈川大学全国高校生理科・科学論文大賞 受賞作品集

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい工作機械の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい工作機械の本 第2版

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

よくわかる電子機器実装の品質不良検査とコスト削減

技術士第一次試験 
「電気電子部門」択一式問題200選
第6版

技術士第一次試験 「電気電子部門」択一式問題200選 第6版

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい冷凍空調技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい冷凍空調技術の本

Journagram→ Journagramとは

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる