産業春秋/清水寺の大改修

(2019/9/12 05:00)

京都・清水寺の「清水の舞台」は、170本のケヤキに支えられている。貫主の森清範師は朝のお勤めの前に、1本の木を抱きしめながら「きょうも、あんじょうよろしゅう」と願うのが日課だ。

江戸時代に現在の形になった清水寺。400年間、風雪にさらされ、傷みは激しい。2017年に始まった大改修では、舞台の最も奥にある9本の柱を“根継ぎ”した。腐ったところがある柱を少し持ち上げて、下部から1メートル切り取り、新しい木と差し替えた。

ケヤキの耐用は、800年程度という。「あと400年しかおへん」と清範師。次の世代のために、20年ほど前に山を買って、用材としてケヤキとヒノキの苗木を6000本ほど植林した。「これでも足りしません。使えるのは10%くらいどすな」。

清水の舞台や本堂には、修理のための大きな素屋根(すやね)がかけてある。木で組んであり、檜皮葺(ひわだぶき)の屋根を交換する際は足場になる。檜皮葺の屋根もそうだが、素屋根を組む職人の匠の技は伝承されるのか、少々心細さを感じた。

「何かお役に立てれば…そう考えましてな」。大改修は21年春まで続く。その大事業の中でも、清範師は大きな目で、はるか先を見据え、人と木と技とを育んでいる。

(2019/9/12 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

メカトロ・センサ The ビギニング
制御に用いるセンサの選定と使い方

メカトロ・センサ The ビギニング 制御に用いるセンサの選定と使い方

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい真空技術の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい真空技術の本

わかる!使える!乾燥入門
<基礎知識><準備・段取り><実務作業>

わかる!使える!乾燥入門 <基礎知識><準備・段取り><実務作業>

きちんと知りたい! 
電気自動車メカニズムの基礎知識

きちんと知りたい! 電気自動車メカニズムの基礎知識

わかる!使える!ばね入門
<基礎知識><設計・選定><勘どころ>

わかる!使える!ばね入門 <基礎知識><設計・選定><勘どころ>

おもしろサイエンス 
もの忘れと記憶の科学

おもしろサイエンス もの忘れと記憶の科学

JOINT MEDIA→ JOINT MEDIAとは

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる