産業春秋/ラグビーとおじぎ

(2019/9/25 05:00)

歌舞伎、和太鼓といった文化や伝統を盛り込んだ日本らしい開会式で幕を開けたラグビーワールドカップ2019。日本代表チームが初戦でロシアに快勝し、ベスト8進出に素晴らしいスタートを切った。

ゲーム中は激しいぶつかり合いを繰り返しながら、試合終了とともに両チームの選手が握手して健闘を称(たた)えあう「ノーサイド」の精神がラグビーの魅力。そこに今回の大会から新たな文化が加わるかもしれない。

それは“おじぎ”だ。日本のスポーツの試合では見慣れた光景だが、海外では珍しい。火付け役は現在2連覇中で今回も優勝の本命にあげられるニュージーランド代表チーム。初戦で強豪・南アフリカ代表との試合に勝利すると、選手たちが一列に並んで観客席に向かっておじぎであいさつした。

翌日行われたイタリア対ナミビアの試合は、台風17号の影響で大雨に見舞われた。試合後、両チームが観客席に向かっておじぎしてあいさつ、観客はスタンディングオベーションで応えた。

イタリアチームの主将は「試合の途中から雨が降ってきたのに、席を立たずに試合を見続けてくれた観客に感激した」とおじぎの理由を語った。おじぎが本大会のレガシーの一つになることは大歓迎だ。

(2019/9/25 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい自動運転の本
第2版

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい自動運転の本 第2版

「からくり設計」実用メカニズム図例集
思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

「からくり設計」実用メカニズム図例集 思いどおりに動く自動機を簡単に実現できる

エッジAI導入の手引き
生産設備/機器制御への組み込み

エッジAI導入の手引き 生産設備/機器制御への組み込み

日本型サステナブル・ロジスティクス
人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

日本型サステナブル・ロジスティクス 人手不足、コスト増、環境問題、災害を乗り越えて生き残る方法

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい吸着の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい吸着の本

現場のリスク管理と災害未然防止のための 
「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

現場のリスク管理と災害未然防止のための 「不安全行動(リスクテイキング)の防止対策」

Journagram→ Journagramとは

ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン