社説/珪藻土の乾燥に木質材活用 CO2削減と山林保全に期待

(2019/10/3 05:00)

森林資源に恵まれ、木質バイオマス発電が盛んな岡山県真庭市で、また一つ地元の森林から産出される木の皮などの余剰木質バイオマスを燃料として活用する企業が現れた。同市内にある昭和化学工業岡山工場である。同工場ではバイオマスを発電ではなく、熱として濾過助剤などの珪藻土(けいそうど)製品の製造・乾燥工程で使う。この実証運転を9月から始めた。

珪藻土は植物プランクトンの一種の珪藻が堆積して化石となったもので、ビールを製造する際の濾過助剤や家の内装などに使われる。同社はこれまで液化天然ガス(LNG)を燃料に使っていたが、既存のLNG燃料の熱供給プラントに木質バイオマスプラントを併設。LNGとバイオマスを最適な比率で使用することにより、安定的で経済性の高いハイブリッド運転を行い、地域に根差したバイオマスエネルギーシステムの拡大を目指す。

バイオマス燃料は真庭市を中心に鳥取県西部などから調達し、日量24トンの規模で燃焼に使う計画。これにより同工場で使用するLNGを20%ほど減らすことができ、二酸化炭素(CO2)排出量は年間およそ1000トン削減できる見込みという。

今回の木質バイオマスプラントの設置費用は、新エネルギー・産業技術総合開発機構(NEDO)が3分の2、同社が3分の1を負担した。プラントの実証運転をNEDO事業として2020年度末まで実施し、その後は23年秋まで同社が自主運転を行う予定だ。

日本は国土の7割近くを森林が占める。戦後の燃料は薪や木炭、炭が中心で木材は生活を支える物資だった。だが木材輸入の自由化、石油やガスの普及に伴い国産材の需要は急減。間伐などの手入れがされずに放置される山林が増えてきた。

今こそ、日本の山林を守り維持するためにも、間伐材などのバイオマスを同社のように燃料に使ったり、電気をつくったりすることが求められる。それが産業に役立つとともに、豪雨災害などによる山崩れを防ぐことになる。

(2019/10/3 05:00)

総合2のニュース一覧

おすすめコンテンツ

技術士(第一次・第二次)試験 
「電気電子部門」受験必修テキスト
第4版

技術士(第一次・第二次)試験 「電気電子部門」受験必修テキスト 第4版

技術士第二次試験 
「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「電気電子部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 
「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード
第5版

技術士第二次試験 「上下水道部門」対策<論文事例>&重要キーワード 第5版

技術士第二次試験 
「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

技術士第二次試験 「機械部門」過去問題<論文試験たっぷり100問>の要点と万全対策

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしいNC旋盤の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしいNC旋盤の本

2020年度版 
技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

2020年度版 技術士第二次試験「建設部門」<必須科目>論文対策キーワード

PR

電子版クレジットカード決済が対象になりました。キャッシュレスでお支払いのお客様に5%還元 ご存知ですか?記事のご利用について

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

電子版からのお知らせ

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

↓もっと見る

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる