産業春秋/ラグビーW杯・日本代表

(2019/10/23 05:00)

11月2日まで熱戦が続くラグビーワールドカップ(W杯)日本大会。日本代表は準々決勝で南アフリカに敗れたものの、初の8強進出を果たした。前回の2015年英国大会前まで、わずか1勝止まりのチームが、ティア1と呼ばれる強豪国を次々に打ち負かす姿は、見る者の心を奪った。

日本代表が掲げたのは「ワンチーム」。16年9月に就任したニュージーランド出身のジェイミー・ジョセフヘッドコーチ(HC)は、約半数を外国出身者が占め、経歴が異なる多様な選手を見事にまとめあげた。

言うは易く行うは難しで、選手とスタッフを含め50人を超える大所帯を率いる大変さもあったとジョセフHC。南ア戦翌日の総括会見で「全員が連携して一人ひとりが与えられた役割をすることが、しっかりできているチームだ」と言い切るまで、道のりは平たんではなかった。

合宿中、選手が口にする食事にまで目を光らせたエディー・ジョーンズ前HCとは対照的に、選手の自主性を重んじた。指導方針の違いに選手との溝もできたと聞く。

HCと選手たちは幾度となく話し合いの場をもち、複数のリーダーがチームを支える体制を整えた。経営者と従業員の関係に置き換えれば、立派な手本となる。

(2019/10/23 05:00)

総合1のニュース一覧

おすすめコンテンツ

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい金属材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい金属材料の本

200の図とイラストで学ぶ 
現場で解決!射出成形の不良対策

200の図とイラストで学ぶ 現場で解決!射出成形の不良対策

原子力年鑑2020

原子力年鑑2020

今日からモノ知りシリーズ 
トコトンやさしい建築材料の本

今日からモノ知りシリーズ トコトンやさしい建築材料の本

凛穂の…気ままな散歩道

凛穂の…気ままな散歩道

PR

カレンダーから探す

閲覧ランキング
  • 今日
  • 今週

ソーシャルメディア

日刊工業新聞社トピックス

セミナースケジュール

イベントスケジュール

もっと見る

PR

おすすめの本・雑誌・DVD

ニュースイッチ

企業リリース Powered by PR TIMES

大規模自然災害時の臨時ID発行はこちら

日刊工業新聞社関連サイト・サービス

マイクリップ機能は会員限定サービスです。

有料購読会員は最大300件、無料登録会員は最大30件の記事を保存することができます。

会員登録/ログイン

このサイトでは、アクセス状況の把握や広告配信などのためにクッキー(Cookie)を使用してしています。このバナーを閉じるか閲覧を継続した場合、クッキーの使用に同意したこととさせていただきます。なお、クッキーの設定や使用の詳細についてはプライバシーポリシーページをご覧ください。

閉じる